読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君は感動しているか?!

人生は楽しんだもん勝ちです。楽しんだり、感動したりするためにつづります(*´ω`)

follow us in feedly

「重要だ」と「凄い」は違う

こんにちは 今日という日をいかがお過ごしですか?
仕事が終わった後に今日から3連休であることに気づき
仕事終わった後でよかったと
不幸中の幸いを味わったteiです

さて本日のタイトル
「重要だ」と「凄い」は違う
は評価についての話です

今朝通勤中にオーディオブックの『人を動かす』を聞いていて

人を動かす 新装版 人を動かす 新装版
(1999/10/31)
デール カーネギー、Dale Carnegie

商品詳細を見る



重要だと思われたい欲求について少し考えてみました。

私はこの
重要だと思われたい欲求が強く
自分が凄いと思ったことは
実行していこうと心がけています

しかし気がつきました。
わたしが重要だと感じている人は
決してすごいことをしている人ではないことに

そして凄くて重要な人はほんとに少ない
親友レベルの人だけでした


私が犯していたミス

そうなのです
つまり私は凄くて重要な人物
になろうとしていたのです

しかし冷静に考えてみたら
私は重要な人物レベルでいいのではないか
と思っています

自分自身の中でゴールを見誤っていたのです
なんたる過ち(~_~;)


重要だと思われるために必要なこと

つまり私がするべきことは
重要だと思われるために必要なことです

それはズバリ
相手にこの人は私を重要だと思ってくれてる
と思わせることです。

これは自分自身の立場で考えてもそうではないでしょうか
自分自身を大切に思ってくれている人こそ
その人を重要な人だと認識します。

凄いことをすることとは違ったのです

 


まとめ

「重要だ」と「凄い」は違う
重要だと思われたいのなら相手を重要視せよ