読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君は感動しているか?!

人生は楽しんだもん勝ちです。楽しんだり、感動したりするためにつづります(*´ω`)

follow us in feedly

生活感の無さへの憧れ

人間らしくない人を見ると何だかカッコよく感じてしまいます。
人間らしくないとはその人に出会った時は気が付きませんでしたが、小説や漫画を見ていくとそうした表現が出てくることがあり
そして現実世界でいるとしたらどんな人なのだろうと思い浮かべてみると、あの人のことだったのだろうと思ったりするという流れです。
人間らしくない人をここではAさんとすると
Aさんは、なんだか有機物のような気がしない。人形みたいだと表現すれば良いのでしょうか?
Aさんが家に帰ると、家族はおらず、家具も一切なく、がらんとした部屋に椅子だけが置いてあり、家の中ではただ椅子に座って時間を過ごしているのではないだろうかと想像してしまうほどに
こうしたことはありえないのだが何故だかそうした印象を受ける人は何人か出会ってきた。
そして、そういった感じのする人は何故だかカッコいい。
ミステリアスとでも言うのだろうか?
余裕があるように感じるのだろうか?
少なからず、私から見た彼らは魅力的な人物なのだ。